<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
新進気鋭の若手達Ⅰ「静と剛」
a0035273_18502965.jpg

作品展のお知らせです。

新進気鋭の若手達Ⅰ 「静と剛」

9月3日より19日まで
益子焼こうじんや 特設スペースにて

[及川 静香]
1982 岩手県に生まれる。
2000 益子陶芸倶楽部に勤務。古木良一氏に師事。
2003 インドに一ヶ月間の渡航。
2004 ベトナムに一ヶ月間の渡航。

[伊藤 剛俊]
1981 埼玉県に生まれる。
2000 長谷川陶苑に勤務。

22歳と23歳というまだまだ駆け出しの二人ですが、
作陶にかける情熱だけは一人前です。
二人の熱意の込められた作品たちを是非お手に取ってご覧下さい。
[PR]
by koujinya | 2005-08-26 18:54 | お知らせ
DM作成中です。
a0035273_11235657.jpg

9月3日から、独立前の若手作家2人に作品展をしてもらうことにしました。
まだ若いからこそ作品に表れる新鮮さは、こなれた中堅作家にはない味わいがあります。
現在、ダイレクトメールを鋭意製作中です。
発送と同時にお知らせいたしますので、しばしお待ちを。
[PR]
by koujinya | 2005-08-23 11:28 | 業務日誌
頂き物
農家をしている親戚からスイカをいただきました。
大きな袋に沢山詰められたものが2袋も。
とても食べきれないので
お買い上げいただいたお客様に差し上げたり、
水練鉢に入れて飾ってみました。
まだ食べてはいないですが、甘くて美味しいといいなぁ。
a0035273_1445551.jpg

[PR]
by koujinya | 2005-08-20 14:46 | 業務日誌
ペンキをペタペタ
a0035273_12441053.jpg
ポストを販売しております。
赤いポストも売れていますが、塗装していない素焼きのポストも好評。
でも、普通じゃ飽き足らない方々のために、ペンキで塗装も承っています。
家の外壁の色と合わせたい方はご相談ください。
a0035273_12494016.jpg

[PR]
by koujinya | 2005-08-19 12:50 | 業務日誌
涼しげ夏色・紫
a0035273_14405422.jpg

JAZZ工房・岩下清さんの下で修行中、独立に向けて頑張っている福田惣一さんの作品。

鮮やかな青紫の釉薬が涼しげに夏を演出。
[PR]
by koujinya | 2005-08-15 14:49 | 作品紹介
特注品
a0035273_14373897.jpg
ご来店のお客様に聞かれること。

自社釜の作品はどれですか?

自社釜の作品はあまりお店に並ばないんですよと答えます。

お客様から様々なご注文をいただきます。
お店に陳列・在庫されている物で間に合えばベスト。
仕入先の窯元さんに在庫があればラッキー。
窯元さんに製作を依頼して期限内に出来上がるようならセーフ。

ただし、ご要望によっては既存の製品ではなく、特注品になる場合も。
既存の作品のアレンジであったり、土や釉薬など雰囲気が指定の時は、窯元さんと打ち合わせして製作可能かどうかと納期を確認します。

さて。
予算的な問題や技術的な問題、窯元さんの都合によっては、窯元さんに断られてしまうケースもしばしば。
そんな時の最後の砦として、自社釜では他の窯元さんにお願いできないような仕事をこなしているのです。
これがまた手間と時間がかかるものが多く、どうしても自社釜も作品が並びにくくなる要因となっています。

写真もそんな特注品のひとつ。

わかりにくいかもしれませんが、横幅79センチ×縦27センチ×厚さ2センチと、ちょっと大きくて長めの板皿です。
最初に作った時には特に注文の品という訳ではなく、当店の軒先の屋根に葺くつもりで焼きました。が、とある料理屋さんで宴会用の大きな皿というご要望があり、見ていただいたところ、気に入っていただいてお買い上げいただきました。
その際に枚数が足らなかったため、今回の窯で追加で製作されたものです。

今回のように業務用と限らず、一般家庭用の食器、結婚式の引き出物や記念品等の贈答品など、ご相談に応じてオリジナルのものを製作いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。
[PR]
by koujinya | 2005-08-13 15:13 | 作品紹介
当店オリジナル・足付呉須浅鉢
a0035273_14574360.jpg
当店オリジナルの足付呉須浅鉢です。

諸々の事情でしばらく製作をお休みしていましたが、
お客様のご要望もあり、製作を再開、
先日、第一弾が焼き上がりとなりました。
[PR]
by koujinya | 2005-08-11 15:30 | 作品紹介
打ち水
当店が面する通りで結成されている「益子焼城内坂通り街」では
今週から10時・12時・2時の3回、打ち水をしようということになりました。

せっかくお越しいただいたお客様が
暑くて通りを歩けないのは申し訳ないですし、
世間でも「チームマイナス6%」ということで打ち水を推奨されているようですし。

と、意気込んでいたら、
今日はシトシトと雨が降っています。
ここ最近はまとまった雨がなくて乾燥していたので
ちょうどいいお湿りといったところでしょうか。

明日以降は通りで一斉に打ち水をする様子が見られるはずです。
暑さの心配なく(?)遊びにいらしてください。
[PR]
by koujinya | 2005-08-10 11:08 | 業務日誌
棟方志功/笹島喜平
a0035273_1646753.jpg
GAUCHO店長さんの「GAUCHO Log-Slide」より「棟方志功 展」をトラックバック。

棟方志功展が宇都宮美術館にて8月28日まで開催中とのこと。

宇都宮美術館は緑が青々と茂る森の中にある美術館で、子供ができる前はかみさんと何度か訪れたことがあります。
併設するイタリアンレストランはとってもお洒落で、ここでの結婚式も検討したほどでした。
美術品で心を満たしたあとはおいしいランチでお腹も満たせます。

さてさて、
棟方志功氏といえば益子でも
人間国宝・濱田庄司氏との交友をはじめとする
益子の作家の方々とのゆかりも深く、
益子町出身の版画家・笹島喜平氏も棟方志功氏に師事。

その笹島喜平氏の作品を常時展示している「笹島喜平館」が
当店の真正面の丘の頂にある陶芸メッセ・益子内の一角に構えています。

笹島氏の作品も棟方氏から受け継がれた魂が
その作品にも強く現れているように思えます。

500点のコレクションのうち、20点を常時展示して
年3~4回ほど作品を入れ替えるそうです。
年4回の入れ替えとしてもすべての作品を生で見るには6年以上かかる計算。
随分と長い間、楽しめそうです。

益子にお越しの際は一度、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
先日お知らせした城内坂メール会員に入会すると
入場料が割引になりますので、併せてどうぞ。
[PR]
by koujinya | 2005-08-08 17:13 | 業務日誌
本日入荷です。
a0035273_15354074.jpg
器天国・亜土里窯が本日、入荷になりました。

定番の足付ティーカップ(小)のブルーをはじめ、
個展でも好評だった季節品のデザートカップ、
皿付煎茶碗のピンクも入荷です。

今回は特にブルーが良い色にあがってますよ。
早速、15セットはお取引いただいているギャラリーに発送です。

亜土里さんの作品は
パッと目を引く鮮やかな色彩と
センスが光る独特の造形が相まって
熱烈なファンが多いです。

実用という点では・・・・・・若干、目をつむって下さいませ。
ちゃんと使用には耐えますので。

益子焼こうじんや http://www.koujinya.com
[PR]
by koujinya | 2005-08-08 15:51 | 作品紹介
  

益子に店を構える陶器屋の二代目です。お店の出来事や益子の様子をお伝えします。
by koujinya
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お知らせ
作品紹介
業務日誌
本日出張中
未分類
最新のトラックバック
春風益子陶器市
from 296我楽多製作工房週誌
有田焼プロジェクト1 訪問編
from 有田焼プロジェクトレポート
沖縄の島パイン
from 着物屋さんの企画室 byうめ..
版画の表現力を感じる:棟..
from 単身赴任 杜の都STYLE
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧