特注品
a0035273_14373897.jpg
ご来店のお客様に聞かれること。

自社釜の作品はどれですか?

自社釜の作品はあまりお店に並ばないんですよと答えます。

お客様から様々なご注文をいただきます。
お店に陳列・在庫されている物で間に合えばベスト。
仕入先の窯元さんに在庫があればラッキー。
窯元さんに製作を依頼して期限内に出来上がるようならセーフ。

ただし、ご要望によっては既存の製品ではなく、特注品になる場合も。
既存の作品のアレンジであったり、土や釉薬など雰囲気が指定の時は、窯元さんと打ち合わせして製作可能かどうかと納期を確認します。

さて。
予算的な問題や技術的な問題、窯元さんの都合によっては、窯元さんに断られてしまうケースもしばしば。
そんな時の最後の砦として、自社釜では他の窯元さんにお願いできないような仕事をこなしているのです。
これがまた手間と時間がかかるものが多く、どうしても自社釜も作品が並びにくくなる要因となっています。

写真もそんな特注品のひとつ。

わかりにくいかもしれませんが、横幅79センチ×縦27センチ×厚さ2センチと、ちょっと大きくて長めの板皿です。
最初に作った時には特に注文の品という訳ではなく、当店の軒先の屋根に葺くつもりで焼きました。が、とある料理屋さんで宴会用の大きな皿というご要望があり、見ていただいたところ、気に入っていただいてお買い上げいただきました。
その際に枚数が足らなかったため、今回の窯で追加で製作されたものです。

今回のように業務用と限らず、一般家庭用の食器、結婚式の引き出物や記念品等の贈答品など、ご相談に応じてオリジナルのものを製作いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。
[PR]
by koujinya | 2005-08-13 15:13 | 作品紹介

益子に店を構える陶器屋の二代目です。お店の出来事や益子の様子をお伝えします。
by koujinya
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
春風益子陶器市
from 296我楽多製作工房週誌
有田焼プロジェクト1 訪問編
from 有田焼プロジェクトレポート
沖縄の島パイン
from 着物屋さんの企画室 byうめ..
版画の表現力を感じる:棟..
from 単身赴任 杜の都STYLE
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧